ロータリーテーマ

2018-19年度国際ロータリー会長 バリー・ラシン氏

2018-19年度国際ロータリー会長バリー・ラシン氏写真

2018-19年度国際ロータリー会長バリー・ラシン氏



インスピレーションになろう


数年前、知り合った人からある質問をされました。
113年前の創設以来、ロータリーの役割は、世界において、また会員の人生において、絶えず進化してきました。ロータリーはその初期、会員が親睦と友情を見つけ、地域社会で人びととのつながりを築く方法を提供していました。その後ほどなくして、ロータリーに奉仕が芽生え、組織の成長とともにその影響も膨らんでいきました。間もなく、ロータリー財団の支えもあって、ロータリーの奉仕は世界中の家族や地域社会の人びとの生活を変えていくようになりました。活動の成果を高めるために、他団体とのパートナーシップや奉仕の重点分野を生み出しました。各国政府、国際団体、無数の地元や地域の保健当局と協力して、世界最大の官民協同による保健の取り組み、ポリオ撲滅にも乗り出しました。ますます多くの会員が、友情だけでなく、人助けのために行動する方法を求めてロータリーにやってくるようになりました。

ロータリーは今も、そしてこれからもずっと、ポール・ハリスが思い描いた団体であり続けます。それは、この地球上のあらゆる国の人たちが手を取り合い、自分を超えた素晴らしいことを生み出せる場所です。その一方で、今日のロータリーは、類まれな不朽の価値を提供してくれます。それは、才能、そして世界を変えようという熱意をもつ人たちの世界的なネットワークの一員となれるチャンスです。私たちは、地域社会で行動する力が世界的な影響を生み出し、力を合わせればたいていのことを実現できる能力とリソースを兼ね備えています。

全世界で、ロータリーはかつてないほど重要な存在となっており、より良い世界を築くその潜在能力は莫大です。残念なことに、ロータリーがどんな団体で、どんな活動をしているのかを十分に理解している人は多くありません。私たちのクラブ内でさえ、多くのロータリアンがロータリーについて十分に知らず、ロータリー会員であることの恩恵を十分に享受していません。

ロータリーの奉仕は、人びとの人生、そして地域社会を変えるものです。真に変化を生み出す奉仕をもっと実現するために、私たちは、ロータリーでの自分の役割、そして世界におけるロータリーの役割を、これまでとは違う角度でとらえる必要があります。公共イメージにもっと重点を置き、ソーシャルメディアを活用して会員基盤を築き、奉仕のスケールアップを助長してくれるパートナー組織に注目してもらう必要があります。より持続可能な影響をもたらす大きなプロジェクトに力を注ぎ、ロータリー年度や任期を超えた活動の研究と計画に時間を費やす必要があります。一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すためのインスピレーションとなる必要があるのです。

ポール・ハリスが述べたようにロータリーは、世界平和の縮図であり、国々が従うべきモデルです。私にとって、ロータリーは、単なるモデルではなく、インスピレーションです。ロータリーは、可能性を指し示し、そこに到達する意欲を引き出し、行動を通じて世界のインスピレーションになるための道を拓いてくれるのです。


2018年国際協議会
RI会長エレクトによるテーマ講演


バリー・ラシン
2018年1月14日

こんばんは。
今宵はいかがお過ごしでしょうか?
やっと皆さんにお目にかかれて光栄です。2018年ロータリー国際協議会にようこそお越しくださいました。昨日の朝、最初に到着したガバナーエレクトご夫妻の姿を目にしたとき、特別な感慨を覚えました。ジョン・ヒューコ事務総長と一緒にロビーに立っていた私は、いよいよだなと口にしました。
すると、ジョンがユーチューブの動画みたいですねと言うのです。
何が?と尋ねると、彼は次のように言いました。
よくユーチューブの動画でありますよね。コントラバス奏者が広場の中央に歩み出て、突然ベートーベンの第九を弾きだす。最初はコントラバスだけかと思っていたら、チェロ奏者が出てきて一緒に弾きはじめ、次にファゴット奏者が加わる。そして弦楽器、ほかの木管楽器と次々と加わっていく。みんな普段着で、大衆に交じっているけれど、あたりにいた普通の人たちが、あっという間にオーケストラや、コーラスになって、その場に音楽があふれ、まったく違う空間になってしまう、そんな動画です
ああ、見たことがあるよ、誰かが送ってくれたことがあると思う、と私が答えたとたん、また違うご夫婦がロビーに入ってきました。その後にすぐ、また別のご夫妻が到着しました。
まるで音楽が聞こえてきそうな光景でした。
昨日と今日、皆さんは、ロータリー世界の隅々からやって来ました。そして今、それぞれの役目を果たすために、ここに集まっています。
私たちは今晩、ともに旅路につきます。しかし、このようになるとは、6カ月前には想像もできませんでした。

今年度の7月1日、私と皆さん、そしてロータリーのすべての人が、今晩ここに立つのは別の人だと思っていました。サム・オオリ会長エレクトは、私の友人、そしてアフリカのロータリアンにとって英雄であり、その明るい笑顔と優しい心で大勢に愛されていました。自身を救いようのない楽観主義者と呼び、人間の闇を多く目にしたにもかかわらず、世界に存在する善、そしてその善を輝かせるロータリーの力を信じてやみませんでした。
私たちは、サムの仕事を引き継ぎながら、この数カ月で学んだ教訓を生かして前進します。それは、ロータリーの活動は、誰であれ一個人とともに始まるものでも、終わるものでもないということです。
私たちに与えられた責任は、可能な限り、効果的かつ効率的に奉仕することによって、情報の透明性と説明責任を重んじながら、そして、意義があり、持続可能な方法で、できるだけ多くの人により良い変化をもたらしながら、先人たちの活動の上に築き、将来のために堅固な土台を築くことです。ロータリーで会員が最高の経験ができるように、そしてロータリーが、今年度や次年度だけでなく、ロータリーでの私たちの活動、ひいては私たちの生涯を超えて成長し続け、世界に役立っていけるようにしながら。
それが、ロータリーのリーダーとして私たちに託された仕事です。
この思いは、ロータリーの新しいビジョン声明をつくるためのインスピレーションとなりました。この声明は、私たちが築きたいと願うロータリーを表しています。
私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています
ロータリーで、私たちは手を取り合います。なぜなら、協力すれば、一人よりもずっと強くなれると知っているからです。
私たちは行動します。なぜなら、ロータリーは夢想家ではなく、実行する人の集まりだからです。
私たちは持続可能な変化を生みます。私たちの活動が終わった後にも末永く続く変化を。
世界での変化、地域社会での変化は、私たちが決して会うことのない人や、最愛の人を含め、すべてに影響します。
そして、おそらく一番大切なのは、自分自身の中での変化でしょう。
マザーテレサは、かつてこう言いました。世界を変えたいなら、うちに帰って家族を愛しなさい。まずは自分を変えることから始め、そこから外に向けた努力をしなさい、と。これは、ロータリーという組織を支える際に、私たち全員が心に刻むべきことです。

ロータリーの会員数は、この20年間ずっと120万人程度で低迷しています。成長しておらず、会員の高齢化が進んでいます。活動を通じて変化をもたらすための知識や意欲をもたないクラブが、あまりに多すぎます。ロータリーが世界でどんな活動をしているのかを知らず、ロータリーと財団のプログラムを知らないクラブ、参加方法がわからないクラブもあります。
ロータリーは会員制組織です。ですから、奉仕活動を通じてより良い世界を築きたいと願うなら、会員を大切にしなければなりません。
すべてのクラブの問題を一人で解決することが皆さんの仕事なのではありません。皆さんがここに来たのは、そのためではありません。ここに来た目的は、変化を生み出すことへの意欲を、クラブ会長と地区内ロータリアンの心に芽生えさせるためです。もっと何かをしよう、可能性を最大限に発揮しようというやる気を引き出し、それぞれのやり方で前進できるよう手助けすることが皆さんの仕事なのです。
バハマ人である私にとって、海は常に特別なものでした。海は、隔たりつながりの両方を象徴します。祖国の島の岸に立つとき、海の向こうの何千マイルも離れた岸に誰かが立っています。土地、国、言語は違うかもしれませんが、同じ海を共有しているのです。
このつながりの感覚は、インスピレーションであり、届かなさそうでありながら、実は思うよりもずっと近いものへのあこがれです。大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブやほかのロータリアンに与えてください。自分よりも長く、後世にも生き続けるものを生み出すために、行動を起こす意欲を引き出していただきたいのです。
かつてサン=テクジュペリはこう表しました。

船を造りたいなら、木を集めさせたり、作業や任務を割り振るのではなく、はてしなく続く広大な海への切望の心を培うことから始めなさい

皆さんの仕事は、船をつくることではありません。より良い世界をつくることです。より良い世界をつくりたいなら、ロータリアンの魂を呼び起こし、その能力と可能性、そして私たち一人ひとりの中にある切望の心を引き出さなくてはなりません。
より良い世界をつくりたいなら、プロジェクトを計画したり、任務を割り当てたりすることから始めないでください。
インスピレーションから始めてください。
ロータリアンの魂、すなわち、より良い世界への切望、そして、より良い世界をつくることは可能だという、心の奥深くにある真の自覚を呼び起こすことから始めてください。
それを今晩、この場で一緒に、インスピレーションになろうという2018-19年度テーマとともに始めていただきたいのです。

私たちの標語超我の奉仕からインスピレーションを得てください。そして、ロータリーを通じて行動するよう、人びとにインスピレーションを与えてください。
言葉で、そして行動で、インスピレーションを与えてください。今日実行すべきことを実行し、明日に、そして自分がロータリーに入会したときよりも、去るときにもっと強くなれるロータリーを築いてください。
インスピレーションを与えるために私ならどうするか、と質問したい方もいるでしょう。そこで、皆さんに覚えておいていただきたい4つの要素をご紹介したいと思います:ロータリアン、クラブ、地域社会への愛と共感の心を示す必要があります。ロータリーへの熱意、そして世界を変えることへの熱意を、相手が感化されるほど強く伝える必要があります。変化の推進者となり、これまでよりもっとがんばろうという大胆なチャレンジに挑む必要があります。そして、指示するのではなく自らの行動をもって、ロータリアンに模範を示す必要があります。
変化をもたらすインパクトのある活動を通じて、ロータリーが地域社会のインスピレーションとなることを願っています。真のニーズを調べ、積極的な参加を促し、計画し、他と協力することに時間を注ぎながら。
強い組織を築くには、ロータリーが何であり、どんな活動をしているのかを人びとに知ってもらうために、もっと効果的になる必要があります。ソーシャルメディアを最大限に活用し、人びとが耳を傾けているところでメッセージを発信しなければなりません。
若い世代のやる気を引き出すために、もっと努力する必要があります。ロータリーの生命力としてローターアクトを築き、会員がスキルとリーダーシップ能力を身につける効果的な方法をクラブに提供しなければなりません。
やる気を高めたクラブは、積極的に活動します。前進を阻んでいる障壁を取り除く必要があります。自分たちのニーズに合った新クラブを立ち上げ、ローターアクターが自分たちのロータリークラブを立ち上げ、すべてのロータリアンが自分に合った方法で柔軟に奉仕できるようにしなければなりません。
ロータリーでは、何がインスピレーションとなるか、つまり、何が刺激となり、前進の活力となるかは、人によって違います。
私たちの多くにとって、この30年間にロータリー全体を一つに結びつけてきた活動、ポリオ撲滅活動がインスピレーションとなってきました。
今はポリオ撲滅活動の正念場であり、新規症例があるたびに、それが史上最後の症例となる可能性があります。
30年前、野生型ポリオウイルスによってまひ障害を発症する人は、毎年推定35万人、そのほぼすべてが子どもでした。

4年前には、ポリオによって359人の子がまひ障害を発症していました。
3年前には、この数は74人でした。
2年前には37人。
そして昨年は21人でした。
2018年の現時点までに、ポリオを発症した子どもは一人もいません。
長年にわたって毎年、撲滅活動の進展を測ってきたこの数字が、今はゼロなのです。
このままの数字であり続けてほしいと、皆が願っています。しかし、最後のポリオ症例が今年であれ、来年であれ、または過去の症例が最後であったとしても、それが私たちの仕事の終わりを意味するわけではありません。ロータリアン全員がこれを理解することが極めて重要です。滅認定委員会がポリオ撲滅を正式に認定するまで、すなわち3年間、川や下水、または人の体内からポリオウイルスが一切発見されなくなるまで、ポリオ撲滅活動は終わらないのです。
それまでは、今行っているすべてのことを続けなくてはなりません。
毎年4億5000万人の子どもへ予防接種を続けなければなりません。
サーベイランス(監視)を続け、地域社会にまひを発症した子どもがいないか、人びとが使用する水にウイルスが含まれていないかどうかを確認し、私たちが現在支援しているすべての検査所とそのスタッフ、インフラを維持していかなければなりません。
こうした活動をやめてしまったら、予防接種率を下げてしまったら、ウイルスが隠れている可能性のあるところから目を離してしまったら、すべてが水の泡となる危険があります。だからこそ、最後までやり遂げるために、目標とする募金をすべて集める必要があるのです。
ポリオの撲滅は、一つの疾病がなくなること、そして、ロータリーの新しい章の始まりを意味します。
その章では、奉仕における持続可能性が、私たちのあらゆる活動の前面と中央に位置づけられるでしょう。
持続可能性はロータリーで合言葉となりました。私たちは、持続可能な活動成果をもたらし、世界をより良くしたいと願っています。ロータリー内部やロータリアンのためだけでなく、世界全体のあらゆる人たち、あらゆる世代のために、私たちにできることがあります。
真剣にそう思うなら、10年、20年、50年、または100年後に世界がどうなるかを真剣に考えているなら、今日の世界の厳しい現状を直視する必要があります。

汚染、環境の悪化、気候変動は、6つの重点分野のすべてにおいて、ますます影響を与えています。
環境汚染は、毎年、170万人の子どもの死亡原因となっています。
現在、40億人が、少なくとも年に1カ月間、深刻な水不足を抱えて暮らしており、地球温暖化が進むにつれその数は増え続けています。
私が住む国では、国土の80%が海抜1メートル以下です。現在の予測によると、2100年までに水面が2メートル上昇します。これは、私の祖国が、ほかの多くのカリブ海諸島や、世界中の沿岸都市、海抜の低い地域と同様、50年後にはなくなってしまうことを意味します。
ロータリーが、問題が起きてから対応するのではなく、先手を打つことのできる組織となれるよう、皆さん全員にインスピレーションになっていただけることを願っています。
真に持続可能な奉仕とは、私たちが行うすべての活動を、より大きなシステム、より大きくグローバルな生態系の一部として見ることを意味します。それは、強く、これからやって来る変化に対する回復力がある地域社会を築いていくことです。
それは、今行っている奉仕が、明日、そして後世にもずっと、人びとのより良い生活につながっていくよう、あらゆる手を尽くすことです。
これを実現するために、インスピレーションになってください。
クラブと地区へのインスピレーションになろう。ロータリーでどんなことができるのか、どんな存在になれるのかを、示してください。
国や地域社会へのインスピレーションになろう。手を取り合って行動し、持続的な変化を生むことによって。
インスピレーションになろう。ご一緒に、世界にインスピレーションを与えることができます。
ご清聴ありがとうございました。


※編集者注:上記内容はラシン会長エレクトが準備した原稿に基づいています。実際の講演内容と若干異なる箇所があることをご了承ください。


RI会長プロフィール


バリー・ラシン Barry RASSIN
2018-19年度 国際ロータリー会長
East Nassauロータリークラブ所属
バハマ(ニュープロビデンス島)


フロリダ大学で保健・病院運営のMBAを取得し、医療教育機関であるAmerican College of Healthcare Executivesでバハマ初の特別研究員となりました。院長として37年間務めた医療機関Doctors Hospital Health Systemを最近退職し、現在は顧問を務めています。全米病院協会の生涯会員で、Quality Council of the Bahamas、Health Education Council、Employer’s Confederationなど複数の団体の理事・委員長も務めました。

1980年にロータリー入会。RI理事を経て、現在はロータリー財団管理委員会の副管理委員長を務めています。また、RI研修リーダーとK.R. ラビンドラン2015‐16年度RI会長のエイドも経験しました。

ロータリー最高の賞であるRI超我の奉仕賞のほか、2010年ハイチ地震後のロータリーによる災害救援活動を統率したことにより多くの人道賞を受賞しています。また、エスター夫人とともに、ロータリー財団のメジャードナー、遺贈友の会会員でもあります。


ガバナーあいさつ
インスピレーションになれるロータリークラブに!


2018-19年度
国際ロータリー第2750地区
ガバナー 服部陽子

2018-19年度国際ロータリー第2750地区ガバナー 服部陽子氏写真

2018-19年度国際ロータリー第2750地区ガバナー 服部陽子氏



2018-19年度バリー・ラシンRI会長は、年度のテーマをインスピレーションになろうと発表されました。変化を生み出すためにもっと何かをしよう、力を発揮しようという意欲を相手の心に起こさせる存在になること、それがインスピレーションになることだと説明されました。そして、より良い世界を作りたいなら、プロジェクト計画や任務の割り振りより先に、インスピレーション(それを実現したいという意欲を高めること)から始めてくださいと語られました。

では、どうしたらインスピレーションになれるのでしょうか?頑張って力を発揮しなさいと説いても、なかなか相手の気持ちには届きません。でも、もし困っている人たちを救おうと一生懸命に活動している人たちの姿を目の当たりにしたらどうでしょうか?自分も何かできることをしなければ!という思いに駆られるのではないでしょうか。それこそがインスピレーションなのでしょう。他者へのインスピレーションになるためには、時には自らの行動を持って示さなければなりません。時には自分の言葉で感動を語らなければならないのです。

ロータリーでは最近変化という言葉をよく耳にします。一つはロータリークラブ自体の変化が言われています。もう一つは奉仕活動により、世界をより住みやすい場所にするための持続可能な良い変化です。今、ロータリークラブに与えられた課題は、それぞれのクラブが5年後、10年後にも生き生きと元気であるために、今から自分たちのクラブが何をしていく必要があるのかを考え、それを実行していくことです。同時に世界をより良い場所にしていくために行動することです。この二つの旋風が2750地区中に巻き起ったらどんなに素晴らしいことでしょう。

そのためには、会員とクラブが、クラブと地区が、地区とRIが、いつもつながっていなければなりません。2018-19年度の地区運営は、地区内のつながりを大切にしていきます。その環境作りとして、ホームページのアプリケーション化や地区情報誌ガバナー月信特別号の発行、会員のみなさんが交流できる機会を増やす等を実行していきますので、どうぞ十分に活用なさってください。つながってこそ、お互いにインスパイアー(よい影響を与える、やる気を起こさせる)し合えて、ロータリーとして一つの大きな力になれるのです。みなさんの力をつないで、あと一歩まで来たポリオ撲滅を実現しましょう。地域社会、国際社会に良い変化を生み出す奉仕活動を行っていきましょう。又、ラシン会長の方針の一つであるロータリーデーを開催し、ロータリーの外へ向けてもインスピレーションを広げていきましょう。

地区内のロータリークラブが、それぞれ良いインスピレーションとなって、地域を、世界をより良い場所に変えてください。


2018-19年度ガバナー 服部陽子プロフィール


生年月日
1952年5月10日生
学歴
1975年3月 上智大学 英文学科卒業
職歴
1987年4月 社団法人国際日本語普及協会 教師
2010年より理事に就任、現在に至る
1994年4月 米山化学株式会社に入社
1995年4月 学習院大学 文学部日本語日本文学科 非常勤講師
英国マンチェスター大学・シンガポール大学等海外に於ける日本語
教育セミナー講師 朝日カルチャーセンター講師
1999年4月 米山化学株式会社 代表取締役社長に就任、現在に至る
ロータリー歴
2000年12月 東京広尾ロータリークラブ入会(チャーターメンバー)
2004-05年度 クラブ幹事
2006-07年度 クラブ会長
2008-09年度 地区ロータリー財団補助金委員長
2009-10年度 クラブ創立10周年記念実行委員長 地区補助金委員長
2010-11年度 地区幹事
2011-12年度 ガバナー補佐(山の手東グループ)
2012-13年度 地区研修リーダー補佐
2015-16年度 地区研修リーダー補佐
2016-17年度 地区研修リーダー補佐

ロータリー財団 メジャードナー ポール・ハリス・ソサエティメンバー
ポール・ハリス・フェロー(マルチプル) ベネファクター
米山功労者 第3回マルチプル

2018-19年度 地区重点目標

  1. RIテーマ、ロータリーのビジョン声明、RI会長強調事項の推進
    • RI会長テーマ『インスピレーションになろう BE THE INSPIRATION
    • ロータリーのビジョン声明

      私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。
    • RI会長強調事項
      1. ポリオ撲滅の達成
      2. クラブのサポートと強化 人道的奉仕の重点化と増加 公共イメージと認知度の向上
      3. インターアクトクラブ、ローターアクトクラブの増大
      4. ロータリーデーの開催


  2. 地区運営方針 ~つながりを大切に~
    1. 地区戦略計画に基づき、継続性、一貫性のあるクラブ支援を行う
    2. 地区委員会間の連携よく協力体制でクラブを支援する

  3. 地区推進事項
    1. ポリオ撲滅の達成
    2. クラブの基盤強化・維持の支援
      • クラブ戦略計画立案、実施の支援
      • 新会員のための研修
      • クラブを超えた同好会の支援
    3. 会員・ロータリークラブ・地区・RIのつながりを強化する
      • 地区ホームページの充実・アプリケーションの制作
      • MY ROTARY 活用を支援
      • 地区情報提供誌ガバナー月信特別号の発行
    4. 地区補助金、グローバル補助金を活用したプロジェクトの立案・実行の支援
    5. ロータリー認知度向上のためのロータリーデーの実施
    6. 2020 東京オリンピック、パラリンピックの支援

  4. 会員基盤の強化に関するクラブへの推奨
    1. クラブ戦略計画に基づいた会員増強目標の達成
    2. 女性会員の増強、若い世代(特に40 歳未満)の会員の増強

  5. ロータリー財団への支援
    1. 年次基金への寄付 1人:$150 ポリオプラスへの寄付 1人:$30
    2. ベネファクター 会員99名までのクラブ:1名 会員100名以上のクラブ:2
    3. 名メジャードナー 地区で12 名以上(レベル1 ~レベル4)
    4. ポール・ハリス・ソサエティ 新規入会者:30名

  6. 公益財団法人ロータリー米山記念奨学会への支援
    • 地区として、特別寄付と普通寄付を合わせて1億円