各種委員会活動

東京 i シティロータリークラブ組織表 (2019~2020年度)

2019~2020年度 東京 i シティロータリークラブ組織表

2019~2020年度 東京 i シティロータリークラブ組織表



五大委員会活動方針

クラブ管理運営委員会
クラブ管理運営委員会
委員長 安藤 勝也

方針

大久保会長テーマ"結"繋ぎ、繋がるロータリーを踏まえて、例会に参加する会員の皆様が例会に参加することで人とつながり、地域とつながり、世界とつながることを感じる例会運営を目指します。例会への出席はロータリアンとしての基本であるため、年間を通して魅力ある例会プログラムを考え、クラブ全体の活性化へと繋げ、今日も例会に参加できてよかったと思われるような、クラブ管理運営を行います。

実施計画

  1. 例会プログラム

    • ぜひ聞いてみたいという卓話講師を招聘します。(地区会員委員会からの紹介も含みます)
    • 他の委員会にも、卓話の担当を依頼し各委員会の特色を出せる卓話に取組みます。
  2. SAA(会場監督)
    • 各委員の役割分担を意識づけて会場設営し、めりはりのある例会進行を行います。
    担当一覧   ★委員長は全ての役割に責任を持つ
    項目/月 7~9月 10~12月 1~3月 4~6月
    会場予約 安藤勝也(石井正次)
    会場設営/片付け 全員
    司会/オーディオ 石井正次 林 数馬 奥山隆之 小野隆一
    出席 小野隆一 石井正次 林 数馬 奥山隆之
    ニコニコBOX 石井吉則 奥山隆之 石井正次 林 数馬
    例会備品/誕生祝 安藤勝也(石井正次)

  3. 親睦
    • ボウリング大会、お花見等の恒例移動例会以外にも工夫を凝らして企画します。
    • 親睦を深めることができる移動例会を企画します。
  4. 出席
    • 例会を充実させることにより、例会出席率の向上に努めます。
    • 自クラブ例会への出席を第一に奨励し、研修・他クラブへの出席等メーク情報を提供します。
    • 100%出席会員の表彰及び誕生日祝いを行います。
  5. バックアップサポートの依頼
    • 各委員会のメンバーの皆様に例会運営等をバックアップしていただくようお願いします。



奉仕プロジェクト委員会
奉仕プロジェクト委員会
委員長 坂田 健史

方針

本年度の大久保会長テーマ"結(ゆい)" 繋ぎ、繋がるロータリーにのっとり実施計画に情熱を以て行動に表していきたいと思います。

Iのまちいなぎ市民祭でのポニー乗馬会ロータリーふれあい農場での玉ねぎの植付けから収穫この2本の事業を柱に、東京iシティロータリークラブが地域社会に対して、存在価値を発揮し、多くの方々との繋がりを大切にし、且つ愛されるクラブとしてのメッセージを当委員会から発信していきたく邁進します。

実施計画

  1. Iのまちいなぎ市民まつりへの参加 (10月)
  2. 「ロータリーふれあい農場」の継続実施(玉ねぎの植付けから収穫) (11月・5月)
  3. 市民美化運動への参加 (多摩川清掃)(4月)
  4. 募金活動への参加 (稲城市 桜・梨の花まつり)(4月)
  5. 青少年健全育成事業への協力と支援 (稲城青年会議所わんぱく相撲)(5月)


公共イメージ委員会
公共イメージ委員会
委員長 村田  裕

方針

公共イメージ委員会は、東京iシティロータリークラブの日々の活動や様々な奉仕活動について広く社会にアピールします。これらの広報活動を通じてクラブの認知度を上げ、クラブの奉仕活動の活性化に寄与するとともに、会員増強の後押しとなるよう努めます。

そのために、クラブの代表的な行事や活動に関しては、その活動前,活動時,活動後それぞれに対しての活動状況を社会に発信するよう心掛けます。特に、活動前の広報活動を強化することで、出来るだけ多くの方々の関心を高めるよう努めます。

また、活動時の臨場感、活動後の感動などが伝わるような報告ができるよう心掛けます。これらを実行するために、公共イメージ委員個々の役割分担を明確にしてチームワークを高めます。併せて、他の会員の皆様にも協力を仰ぎつつ、広報活動が安定的に実行され継続できるような土台を作ります。


実施計画

  1. 行事毎に広報活動を計画

    一年間の活動内容それぞれについて、どのような広報活動が出来るのかを事前に委員会で打合せします。各行事の活動前,活動時,活動後を意識した広報活動について前倒しで計画して、実行につなげるよう努めます。

  2. 活動の見える化促進

    ホームページやフェイスブック等にその都度情報発信を行います。特に活動予定の告知を増やすことで各活動に対する期待感を高めます。各奉仕活動の準備期間における進捗状況・見どころについて、活動後の感想や反省点についてなどの取材を通じて見える化を促進することで、広報としての内容充実を図ります。

  3. 会員増強につながる広報活動

    活動の取材を通じて在籍会員の人柄や思いなどを情報発信することで、入会候補の方々が共感を覚え、クラブへの興味を深めることにより会員増強につながるよう努めます。

  4. 会報の発行、ビデオ録画

    例会などの活動状況については会報により記録として残すと共に、卓話を中心に各活動のビデオを録画します。



ロータリー財団委員会
ロータリー財団委員会
委員長 梅澤 英樹

方針

ロータリー財団は国際ロータリーの慈善部門であり、ロータリー財団のプログラムを通じ、人々の健康状態の改善・教育支援・貧困救済に努め、世界理解・親善・平和を促進する活動を行うことができます。

会長テーマである "結(ゆい)" 繋ぎ、繋がるロータリー を実践するために、ロータリー財団のプログラムの有用な情報を提供し、またそれを活用したロータリー活動に貢献できるように努めます。

ロータリー財団の標語 世界で良いことをしよう
" Doing good in the world "


実施計画

  1. 11月の「ロータリー財団月間」に、ロータリー財団に関して理解を深めていただくよう取り組む。
  2. ロータリー財団への寄付を推進する。

    • 年次寄付 150ドル以上/人
    • ポリオ・プラス指定寄付 30ドル以上/人
    • ベネファクター(恒久基金への寄付1,000ドルに達する寄付者)1名以上/クラブ
  3. ロータリー財団の活動状況等の提供を積極的に行う。


会員増強委員会
会員増強委員会
委員長 安田 行宏

方針

今後のクラブの発展と会員のクラブライフの充実、そしてそれらを礎とした社会への奉仕を考えた時、会員増強はそれを達成するための最も重要な要素の一つです。会員が増えることによる運営面、活動面での相乗効果は計り知れません。

本年度の大久保会長のテーマは "結(ゆい)" 繋ぎ、繋がるロータリー であります。当委員会では会員一人一人が奉仕と感謝の意味を自発的に考え、それを会員増強、会員維持の行動に繋げる積極性を醸成します。

また会員増強、会員維持は決して特別なことではなく、全会員の身近な行動の一つ一つがそれらに繫がっていることを周知徹底して頂けるよう行動して参ります。


実施計画

  1. 稲城市及び周辺地域を中心とした会員候補者の発掘と、会員増強
  2. 職業分類の未補填及び、希薄な職種の会員候補者の発掘と、会員増強
  3. メンバー全員の会員増強、会員維持に対する意識の向上と、問題意識の共有