クラブ会長挨拶

奉仕を創れる人であれ
 感謝を祈れる人であれ
2018年~2019年度会長テーマ

会長 林 数馬
会長 林数馬
幹事 今泉 浩史
幹事 今泉浩史

2018~19年度東京iシティロータリークラブの会長を務めさせていただくこととなりました、林 数馬です。

東京iシティロータリークラブは、2011年、東京稲城ロータリークラブにスポンサーをいただき、稲城市に2つめのクラブとして誕生しました。

そして私は5周年の節目の年に、2580地区東京臨海ロータリークラブより移籍という形で入会させていただき、わずか3年足らずで会長という重責を仰せつかったわけではありますが、受けると決断した以上は、最善の結果を求めて行動する1年にしたいと思います。

そのためには、imagination(想像)という目に見えないこうなったらいいなというぼんやりしたものではなく、一歩進んだcreation(創造)を通じ行動しこうやったという目に見える結果を残せるようにしたいと考えます。

さて、1923年の国際大会で採択され、以後の国際大会で改正された社会奉仕に関する声明の中には、奉仕する者は行動しなければならないとあります。

約100年近くの長きに亘り、

ロータリーとは単なる心構えのことをいうのではなく、また、ロータリーの哲学も単に主観的なものであってはならず、それを客観的な行動に表わさなければならない。そして、ロータリアン個人もロータリークラブも、奉仕の理念を実践に移さねばならない

とも明記され続けています。

しかしながら私はしなければならないという強制を好みません。すべきであるという推進でありたいと考えます。そしてさらにはさせていただけるにまで達した時、人は真なる感謝にたどり着くと信じています。であるからこそ、当クラブ会員一人ひとりが自発的に奉仕とは?を自らに問い、選択決定し、それを実践・行動に移せる8年目であることを強く望みます。8を横にすれば∞(無限大)を表わし、それは8年目、当クラブ会員全員が本気で行動すればついてくる結果は無限大であることを示唆するものであるとも思えます。

そこで、あと2年で10周年という大切な節目を迎えますこの期に、バリー・ラシンRI会長テーマでもあるインスピレーションになろうの下、新たなひらめきやときめきにより奉仕を創れる、口先だけでなくすべての人・物・事に向けての感謝を祈れるなる原資、会員の増強に最大限の力を尽くす1年としたいと存じます。

現会員の皆々様におかれましては、楽しみながらも磨き合える、そして好意と友情を深められる同志として、今まで以上に密に連携そして団結して、その情熱を結束力と行動力へと昇華させ、お仲間となっていただける方の一人でも多くの発掘、打診、紹介、案内へのお力添え、ご協力を、心よりお願い申し上げます。

[お知らせアーカイブス]